パースピレックスは最初は効き目が浅い

濡れた水分で拭き取る

季節関係なく夏でも冬でも気になる脇の汗。汗の量が多く、なおかつ一番臭う部分と言われていますね。
トップ・ページでも少し説明をしたように、汗の原因である汗線の2種類が脇の下に集まっているそうなので、汗の量が多く、なおかつ匂いが強いとのこと。

 

仕事で外出したり、コンだ電車に乗ったりすると、季節を問わず脇に大量の汗が出てしまいます。一日になんどもハンカチで拭き取るようにすると、吹いても吹いても汗がでて匂いが気になってしまう・・・

 

 

こんなに時にパースピレックスを悩んでいる部分にサラサラと塗ることで、汗の量を減らし、匂いを抑えてくれます。

 

あとは、ちょっとした工夫も大切かと思いますね。その汗をお放っておくと、汗と皮脂が合わせて酸化したり雑菌が繁殖したりします。これが匂いになる。パースピレックスは、汗が放出する部分を防ぐために、汗が出てこないのですが、最初の方はなれないために、多少は出てきます。

 

そこで、汗をかいたら、その都度服用にしましょう。スゴク基本的で当たり前のようなことなんですが、これが効果的になると思います。

 

汗を拭くアイテムといえば乾いたハンカチやタオルがまず思い浮かぶと思いますが、一番は濡らしてからふくことです。乾いた状態だと、汗をうまくふきタオルことが出来ず、より匂いが強くなると言われています。水分で拭き取ることで、汗とともに、匂いを抑える効果があるので、うまく使い分けること。