食物繊維で匂いを防ぐ

食物繊維と臭の効果

バースピレックスは汗の量を減らすために、匂いの悩みを抑えてくれます。ただし、根本的な部分は解消できないために、普段の食事のケアも意識することがいいかと思います。食物繊維を食べることで、体臭や汗の匂いを改善すると言われています。

 

だれでもそうだと思いますが、便は臭うものです。そんな便が腸内にたまると、腐敗が進み、そして毒性物質を発生させます。毒性物質はニオイ物質に等しく、便臭とは厳密には異なるのですが、嫌なニオイが呼気や汗から排出されるそうです。

 

いろいろな仕組みによって、匂いになるわけなんですが、便秘症状の人は体臭や汗の匂いも関係しているそうです。そこで、便秘にならないようにするために、食物繊維がたっぷりの食事を採ることで、ニオイの改善にもつながってくれるとのこと。

 

刺激を受けたショウガ蠕動運動を活発にしてくれるために、排泄も快適になるので、体臭や匂いを抑える効果が期待できるとのこと。

 

普段から食物繊維をとっている人がいるかもしれませんが、基本的に1日に20〜25gがいいそうです。

 

多ければ多いほど効果がいいわけではないのですが、基本的な数値を守り、食物繊維が豊富やひじき、高野豆腐、ダイコンなどを毎日食べることで、それだけの効果が期待できるそうです。